未分類

海外のカジノ&リゾートホテルおすすめ10選!!日本から近いカジノもご紹介!【税金ってバレる?】

ゴージャスすぎる非日常感。海外のカジノリゾートは、そんな特別感をめいっぱい味わえる場所です。

カジノをがっつり遊びたいわけではないけれど、特別な世界を見てみたいという人は多いのではないでしょうか?

映画やテーマパーク以上のエンターテイメント、日本からも行けるカジノ&リゾートホテルをチラ見しちゃいましょう!

カジノ施設の基本的なルール・マナー

大人の社交場とも言えるカジノは、実はルール・マナーもしっかりあります。

国・施設によって違うので、「旅行前に事前にこういうことを確認しておけばいいのか!」と参考にしてくださいね。

①ドレスコード (服装)

ドレスコードは国・施設によってかなり違いがあります。

ラスベガスのように水着や短パンでもOKというところもあれば、ヨーロッパの格調高いカジノではセミフォーマルを要求されることも。

かかとの無いサンダルや短パン、TシャツはNGというカジノのほうが多いも確かです。一般的なカジノであれば、スマートカジュアル(襟付きのシャツ、ジャケット、パンツ)という服装が無難です。

②年齢制限

年齢制限もカジノによって様々。18歳以上、21歳以上から入場可と国で決まっているところもあれば、州や施設によって独自に設定しているところもあります。

入場時に年齢確認が必要なカジノが多いので、パスポートは必ず持参しましょう。

場所によっては、「入場するだけなら年齢確認しないけれど、プレイする人は21歳以上」という施設もあります。

③大きな荷物の持ち込み

保安上の理由で大きな荷物の持ち込みは禁止されています。

入場時のチェックで止められた場合は、クロークに預けるなどしましょう。

④営業時間

24時間営業の施設が多く、まさに「カジノは眠らない!」。

施設によっては、ゲームごとに時間が決まっていたり、曜日ごとに営業時間が違ったりすることもあります。

営業時間は、事前に公式ホームページ等で確認しておきましょう。

⑤チップマナー

日本にはなじみの薄いチップ文化。カジノでは暗黙の了解に近いマナーとなっています。アジア圏のカジノではチップ不要のところもあるので、他のプレイヤーの様子をチェックするのもいいですね。

ゲームで大きく勝った時は、勝った額の1~2割をディーラーに。カクテルを持ってきたもらったら、ウェイトレスに1ドル程度。お礼として、現金ではなくカジノチップで渡しましょう。

「いちいちチップを渡さなきゃいけないなんて…」ではなくて、感謝の気持ちが大切。「これぞカジノワールド!」と考えて、気前よくチップを渡してカジノ世界を楽しみましょう。

カジノで儲けたお金は税金がかかるので注意

カジノで50万円以上勝った場合は税金が発生するので要注意!

現地で関税がかかるわけではありません。カジノで大きく勝った場合、その収入は一時所得として扱われるためです。

カジノで発行される証明書を受け取り、帰国後、必ず確定申告をしましょう。勝ち金が50万円未満の場合は申告する必要はありません。

実際カジノで発生した税金ってバレるの?

確定申告は年度末なので、夏休みにカジノに行った人は忘れてしまうかもしれませんね。

実際、カジノの勝った分を確定申告しない人・うっかり忘れてしまう人もいます。自己申告制のため、バレる可能性もそれほど高くありません。

ただ、何かのきっかけで税務調査が入った場合、過去7年前にまで遡って請求・追徴課税となるリスクもあります。納税は国民の義務と思い、正しく納めておきましょう。

観光旅行にも!!日本から近いアジアの有名カジノ&リゾートホテルおすすめ5選

日本にはカジノはなくても、日本近辺の国にはカジノができる場所がいくつもあります。

ここからはアジアのカジノ大国から、日本人もよく行く有名カジノ&リゾートホテルをピックアップ!

①中国・マカオ|ザ・ヴェネチアン・マカオ

 出典:google

世界最大のカジノと呼ばれるのが、このマカオの統合型リゾート『ザ・ベネチアン・マカオ』。ラスベガスのカジノ企業によって運営されています。

世界一の規模でありながら、香港ドルで遊べるので、ラスベガスよりも低予算で遊べることも魅力。

350以上の店舗が並ぶ巨大ショッピングモールや、レストランが併設され、ライブやコンサート、エキスポ会場としても使われる施設もありと、まさに1つの街!カジノに興味がない人でも、観光として一度は遊びに行ってみたくなりますよね。

ザ・ベネチアン・マカオの店舗情報
住所: Estrada da Baía de N. Senhora da Esperança, Cotai, マカオ
営業時間:24時間営業
電話番号:+853 2882 8877
空港からのアクセス:マカオ国際空港から2km

②韓国・仁川|パラダイスシティ

 出典:google

韓国の仁川国際空港近くの統合型リゾート施設。屋内・屋外プールに屋内遊園地、フィットネス、スパと、家族で一日を楽しめる人気スポットです。

運営は、日本でも有名なセガサミーグループです。このため、敷地内ではプレイステーション体験ゾーンもあって、子供連れにも大満足。

日本から2時間半で遊びに行ける上、日本語が話せるスタッフ多数在籍。言葉に困ることなく存分に遊べちゃいます!

パラダイスシティの店舗情報
住所: 186 Yeongjonghaeannam-ro 321beon-g, Unseo-dong, Jung-gu, Incheon, 韓国
営業時間:24時間営業
電話番号:+82 1833-8855
空港からのアクセス:仁川国際空港から無料シャトルバスで約3分

③シンガポール|マリーナベイサンズ

 出典:google

シンガポールを象徴する5つ星ホテル『マリーナベイ・サンズ』。映画「名探偵コナン」にも登場した巨大プールは、日本人も一度は行ってみたいホテルではないでしょうか。

ホテルの大きさに見合ったカジノは、総面積1万5000平方メートル以上という驚きの世界観。

カジノ会員になると、日本人パスポートを持つ人限定で、スカイパークなどの人気アトラクションのチケットが無料になる特別キャンペーンもあり。マリーナベイ・サンズに行く前には、必ずキャンペーンをチェックしておきましょう。

マリーナベイ・サンズ カジノの店舗情報
住所: 10 Bayfront Avenue Singapore 018970
営業時間:24時間営業
電話番号:0800-2220602(日本語フリーコール)
空港からのアクセス:チャンギ空港から車で20分

④フィリピン・マニラ|オカダマニラ

 出典:booking.com

日本人実業家・岡田和生氏が創業した高級カジノホテル。フィリピン政府が主導する、フィリピン最大のカジノ総合リゾートとしても有名です。

日本人が作ったカジノホテルだけに、日本人旅行客に対するホスピタリティは最高クラス。日本語対応のスタッフもいるので、初フィリピン、初カジノの人も安心してデビューできます。

また、オカダマニラで必見なのは、ベラージオ・ラスベガスに負けない規模の噴水ショー。世界最大級のこのショーを見るためにやってくる観光客も多数います。

オカダマニラの店舗情報
住所: New Seaside Dr, Tambo, Parañaque, 1701 Metro Manila, フィリピン
営業時間:24時間営業
電話番号:+63 2 8888 0777
空港からのアクセス:ニノイ・アキノ国際空港から4km

⑤マレーシア|ゲンティンハイランド

 出典:google

標高1700mの山の上にある国営の天空のカジノ。『Genting Highlands/ゲンティンハイランド』は、マレーシア唯一のカジノリゾートです。

首都クアラルンプールから1時間の場所に、3つのカジノ施設と7つの高級ホテルが集まり、「マレーシアのラスベガス」との異名で呼ばれています。

ゴルフコースやショッピングモール、遊園地もありという巨大アミューズメントパーク。マレーシアらしい歴史や大自然巡りもいいけれど、1日はゲンティンハイランドに寄ってみてはいかがでしょう?

ゲンティン・ハイランドの店舗情報
住所: Genting Highlands, 69000 Genting Highlands, Pahang, マレーシア
営業時間:24時間営業
電話番号:+60 3-6101 1118
空港からのアクセス:首都クアラルンプールからバスとロープウェーで1時間

観光旅行にも!!日本から離れた海外の有名カジノ&リゾートホテルおすすめ5選

日本から近いアジアにもカジノ大国はありますが、世界に名を轟かす有名カジノ&リゾートも気になりますよね!

人生で一度は行ってみたい異世界。海外の有名カジノをピックアップしました。

①アメリカ・ラスベガス |ベネチアン・ラスベガス

 出典:google.com

「世界最大級のエンターテイメント」の名にふさわしい場所、ラスベガス。ホテル1つ1つがテーマを持つことでも有名です。

中でもベネチアン・ラスベガスは、イタリアのベネチアをテーマにしたリゾートカジノ。なんとホテル内にゴンドラの走る運河があるんです!

客室は全室スイート。ラスベガスのはずなのにベネチアにいるかのよう!ホテルだけ、カジノだけ、いや、とにかく見学だけでもしてみたい!存在自体がテーマパーク的と言えるカジノリゾートです。

ザ・ベネチアン・ラスベガスの店舗情報
住所: 3355 Las Vegas Boulevard South, Las Vegas, Nevada 89109, アメリカ合衆国
営業時間:24時間営業
電話番号:+1 702-414-1000
空港からのアクセス:マッカラン国際空港から5km

②オーストラリア|ザ・スター・ゴールドコースト

出典:google.com

別名「コンラッド・ジュピターズホテル&カジノ」とも呼ばれる巨大カジノリゾート。

リゾート内には8つのレストランにビーチ、シアターもあり。14種類という豊富なテーブルゲームに、1600台を超えるスロットマシーンは、見るだけでもド迫力間違いなし!

カジノには日本人スタッフも在籍しているため、カジノが初めての人でも安心です。ゴールドコーストの現地観光と合わせて、カジノを堪能してください!

ザ・スター・ゴールドコーストの店舗情報
住所:1 Casino Dr, Broadbeach QLD 4218 Australia
営業時間:24時間
電話番号:+61 7 5592 8100
空港からのアクセス:ブリスベーン空港から車で約1時間

③ギリシャ|リージェンシー・カジノ・モン・パルナス

出典:google

ギリシャの山の上のカジノリゾート。山の上だけに、その夜景は言葉では表せない感動があります!

アテネ中心部から無料シャトルバスでアクセスできるため、カジノと市内観光も合わせて楽しめます。

地元の人も遊びに行くカジノなので、堅苦しくなくワイワイとした雰囲気でカジノを楽しめます。

リージェンシー・カジノ・モン・パルナスの店舗情報
住所:Parnithos, Acharnes 136 74, Greece
営業時間:10時~翌4時
電話番号:+302102421234
空港からのアクセス:アテネ国際空港から車で約55分

④モナコ|カジノ・ド・モンテカルロ

 出典:google

「モナコカジノの象徴」とも称されるモナコ最古のカジノ。

外観はカジノというより大使館のような優美さで、カジノで遊ぶためだけでなく、この建物を見るためだけに訪れる観光客も少なくありません。

絢爛豪華な外観の割に、賭け金は高くないのも特徴。豪華なロケーションで気分良くカジノを楽しむことができます。

カジノ・ド・モンテカルロの店舗情報
住所:Place du Casino, 98000 Monaco, モナコ
営業時間:14:00~4:00
電話番号:+377 98 06 21 21 空港からのアクセス:ニース コートダジュール国際空港から車で約30分

⑤ドイツ|バーデンバーデン

 出典:google

ヨーロッパで人気の保養所として有名なバーデン・バーデン。なんと250年以上の歴史を持つ場所で、ヨーロッパ指折りの温泉地です。

バーデンバーデンは世界有数の「美しいカジノ」と称され、世界のセレブも集まってきます。

コンサート会場やレストランも多く、カジノ以外にも温泉や森林浴を楽しんだりと、セレブリティ体験を満喫できるスポットです。

バーデン バーデンの店舗情報
住所:Kaiserallee 1, 76530 Baden-Baden, Germany
営業時間:スロット 日~木12時~翌2時、金・土は翌3時
ルーレット 日~木14時~翌2時、金・土は翌3時半
ブラックジャック 日~木17時~翌1:30、金・土は翌2時半
ポーカー 日・月・水は20時~翌1時半、金・土は翌3時半
電話番号:+853 2888 0888
空港からのアクセス:Baden-Baden駅から自動車で約10分

海外カジノツアー旅行プランも中にはあるので注目!!

海外カジノに自力で行くには、なんとなく敷居が高くなりますよね。

大丈夫です。旅行会社の海外ツアーでは、カジノツアーが企画されていたり、現地ツアーがあることも!

旅行会社のツアー情報を検索してみましょう。

まとめ

海外カジノレゾートに行く前に、簡単なルール・マナーや税金について解説しました。

一番近いところでは日本のお隣・韓国。ヨーロッパやラスベガスなど、カジノリゾートはどこも異世界感満載!海外ツアーを使ってのデビューもおすすめです。

ルールを知っていれば怖いことはありません。気軽にカジノリゾートを楽しんでくださいね。