未分類

カジノのトランプギャンブルは何種類?ルールや配当についてご紹介!!【一番面白いゲームとは】

カジノといえば、ルーレットにスロットゲーム…そして、トランプを使ったゲーム!

日本人に人気のバカラや、戦略が奥深いブラックジャックもトランプギャンブルで、同じトランプなのにゲームごとに全く違う楽しみ方があります。

世界のカジノを巡れば、マイナーと呼ばれるようなトランプゲームにも出会えることも。今回はトランプゲームにどんな種類があるのか、ルールや配当についても解説します。

カジノのトランプギャンブルの種類は10種類以上!!

トランプを使ったゲームは、王道のゲームから最近誕生したゲームまで、実に20種類以上あるんです‼

ヨーロッパやアメリカで生まれたポーカーだけでなく、アジアで生まれたトランプギャンブルもあります。

中国の伝統ゲームが進化した「スーパーファンタン」や、カンボジアで生まれた簡易版バカラ「ドラゴンタイガー」も、カジノで出会うことがあれば一度はプレイしてみたいですね!

おもしろい順!! カジノで最もプレイされる3つのトランプギャンブルゲーム

カジノのトランプゲームの中でも、「王道」と呼ばれるゲームがあります。

ここからは、世界のカジノで代表的に遊ばれているゲーム3つを、ルールとともに解説します。

①バカラ

カジノの王様とも呼ばれるバカラ。日本人の間でも人気の高いゲームです。

人気の理由はその「遊びやすさ」。専門用語も少なく、ルールもとってもシンプルです。

プレイヤーとバンカーの仮想の勝負で、どちらが勝つかを予想するだけという簡単さ。勝率は約50%と当てやすく、結果がすぐに出るスピーディさも人気です。

バカラのルール

「プレイヤー」と「バンカー」のどちらが勝つか・引き分けかを予想し、ベットします。

ディーラーが「プレイヤー」と「バンカー」に、カードをそれぞれ2枚ずつ配布します。カードの合計の下1桁が少ない場合(5以下)は3枚目が配布されます。

配布されたカードの合計下1桁が、より9に近い方が勝ちです。

バカラの配当

バカラの配当
・PLAYER/プレイヤー:2倍
・BANKER/バンカー:1.95倍
・TIE/タイ(引き分け):9倍(カジノ施設によって変動あり)

②テキサスホールデムポーカー(ポーカー)

ポーカーと呼ばれるゲームは、細かく分ければ10種類以上あります。その中でも特にカジノで人気が高いのが「テキサスホールデムポーカー」です。

テキサスホールデムポーカーのルールは、カジノの世界大会でも採用されています。

ポーカーのルール

参加するプレイヤー全員とディーラーにそれぞれ2枚のカードが配布されます。

自分の札と、全プレイヤー共通のカード(コミュニティカード)5枚を組み合わせた計7枚で、「コール」か「フォールド」を選びます。

参加したプレイヤー全員が、上乗せベットして勝負を続けるコールか、勝負を降りる(チップ没収)フォールドかを選んだ後、それぞれが作った役で勝負します。

ポーカーの配当

ポーカーの配当
コールで残ったプレイヤー同士で、それぞれの役の強さによって勝敗が決まります。
一番強い役の人が、チップを総取りです。

③ブラックジャック

プレイヤー同士が競い合うポーカーと違い、ブラックジャックはディーラーとプレイヤーの一騎打ち。

配布されたカードの合計を21を超えない数字で、どちらが大きいかで勝敗が決まります。

ブラックジャックのルール

プレイヤーがベットした後、ディーラーがプレイヤー全員に2枚ずつカードを配布します。この時、プレイヤーのカードは2枚ともオープン、ディーラーは片方のみオープンになっています。

プレイヤーは、ディーラーの片方のカードを見て予想し、勝負するか降りるかを決定します。

ディーラーが2枚目のカードをオープンにした後、カードの合計点数が17以上になるまで、カードを引き続けます。ディーラーのカード合計が17を超えたときに、プレイヤーの合計と比べて勝敗が決定します。ただし、どちらかが21を超えた場合は「バースト」となり負けが決定します。

ブラックジャックの配当

ブラックジャックの配当
・プレイヤーの勝利:2倍
・引き分け(プッシュ):ベットした金額はそのまま返金
・合計21(ブラックジャック)で勝利:2.5倍

その他マイナーなトランプのカジノギャンブル

王道ゲームから派生したゲームや、世界の一部で人気の高いマイナーゲームも存在します。

マイナーとは言っても、自分のプレイスタイルに合っているものなら楽しめることは間違いなしです!

①ドラゴンタイガー

カンボジアで誕生したバカラに似たトランプゲームで、「簡易バカラ」とも呼ばれています。

ルールはバカラのに近く、「プレイヤー」「バンカー」ではなく、「ドラゴン」「タイガー」のどちらかに賭けます。

バカラのカードは2~3枚ですが、ドラゴンタイガーはたったの1枚。どちらの数字が大きいかで勝負です。7が出たらチップ没収となります。。

「ドラゴン」or「タイガー」という賭け方以外にも、さらに偶数・奇数か、ビッグ(8~13)・スモール(1~6)かなど、合計11通りの賭け方で遊べます。

②レッドドッグ

アメリカのカジノで遊ばれているレッドドッグは、配られた3枚のカードの配列を使ったゲームです。

3枚のうち、2枚がオープンになった状態で配布されます。「3」「8」だった場合、3枚目が4・5・6・7のどれかなら勝利です。「3」「4」の場合は、間に入る数字がないため引き分けです。最初の2枚の数字がどれくらい離れているかで、配当が変わります。

「3」「3」で同じ数字(ペア)の場合は、3枚目もさらに「3」が出ると「レッドドック」という高配当(12倍)になります。

③スリーピクチャーズ

名前の通り、「絵柄(ピクチャーズ)」が3枚揃うと17倍という高配当!

バカラと同じく「プレイヤー」と「ディーラー」の勝敗を予想するゲームです。

3枚のカードが配布され、その合計下1桁の数が9に近い方が勝利となります。絵柄が3枚揃うスリーピクチャーズが出た時点で勝利になります。

④カジノウォー

1990年代にアメリカで生まれた新しいトランプゲームです。こちらもディーラーとプレイヤーの一騎打ちのゲーム。

「プレイヤー」と「ディーラー」に配布されたカードで、数字が強い方が勝ちです。引き分けの場合、ゲームを降りるか、さらにベットして再勝負するかを選べるのが特徴です。

カジノウォーはルールは簡単で初心者にもおすすめ。オンラインカジノでも遊べるゲームの1つなので、ぜひ試してみてくださいね。

⑤スーパーファンタン

中国の伝統的なカジノゲーム「番攤/ファンタン」を、トランプゲームに進化させたもの。

12枚のカードの合計数を4で割り、残った「余り」の数・パターンを予想するゲームです。

余りをストレートに予想する他、スモール・ビック、タイ(引き分け)、偶数・奇数など、賭け方は6種類あります。

⑥トラント・エ・カラント

52枚で1セットのトランプを6セット使うゲーム。

カード枚数は多いもの、ルールはバカラに近く、「ブラックハンド」「レッドハンド」のどちらが勝利するかを当てるゲームです。

ただし、勝利条件は「合計点数が低い方が勝ち」となります。

⑦サボンカード

それぞれ52枚で1セットのトランプを、プレイヤーとディーラーが1セットずつ使います。

「MELON/メロン」と「WALA/ワラ」の仮想勝負で、1枚ずつ配られたカードのどちらが勝つかを予想します。

賭け方もパターンがあり、数字に賭けたり、マーク(スート)やペア、パーフェクトペアという組み合わせもあります。

まとめ

トランプ1つで様々な遊び方ができるのが、トランプゲームの奥深さです。

世界中のカジノで遊ばれているものから、マイナーながら初心者にも楽しみやすい新しいゲームも生まれています。

マイナーゲームはリアルのカジノでは一部でしか扱っていないこともありますが、オンラインカジノでも遊ぶことができます。まずはオンラインカジノで練習してみるのもおすすめです!