未分類

カジノで出来るトランプゲームの種類は?【ゲーム別にルールをご紹介】

日本でトランプゲームといえば、バカラやブラックジャックを一番に思い浮かべる人も多いはず。

実際のカジノでは、20種類以上のトランプゲームがあり、プレイヤーたちに愛されています。

海外のカジノに行けば一度は出会うはず。人気のトランプゲームの楽しみ方をルールと合わせてご紹介します!

カジノでプレイされるトランプゲームの種類

20種類以上のゲームがあっても、国・地域によって人気のゲームが分かれます。

全世界共通でプレイされるようなメジャーなゲームは3つ。ここでは、バカラ・ブラックジャック・ポーカーについて解説します。

カジノでプレイされるトランプゲーム①バカラとは?

「カジノの王様」と名高いバカラは、そのわかりやすいルールから日本人にも愛されるゲームです。

「プレイヤー」と「バンカー」による仮想の勝負の結果を予想して、どちらが勝つかを当てるだけ。勝率は約1/2、細かい専門用語やルールを理解しなくてもいいため、初心者も参加しやすいゲームとなっています。

バカラのルール

ルールはとってもシンプル。「プレイヤー」と「バンカー」の、仮想の勝負でどちらが勝つか、引き分けかという3択を当てるだけ。

プレイヤーとバンカーにカードが2枚配られます。2枚の合計が5以下の場合はもう1枚配布。結果、カードの点数を合計して、下1桁が9に近い方が勝ちです。最初の2枚で8or9が出た場合、その場で勝負がつくので終了となります。

10と絵柄(J、Q、K)のカードは「0」としてカウントし、Aは「1」、2~9はそのままの数字でカウントします。

バカラの配当

バカラの配当
・プレイヤーの勝利:配当2倍
・バンカーの勝利:1.95倍
・タイ(引き分け):9倍 ※この値はカジノによって変わります。

バカラの中でもミニバカラと呼ばれるゲームでは、カードを部分的に覗いて予想する「絞り/スクイーズ」という楽しみもあります。

実はこの「絞り」の興奮こそがバカラの醍醐味と呼ばれるほど。このコツを掴めば勝率もガラリと変わり、ゲームもさらに楽しめます。実際のカジノで出会えたら、ぜひ体験してみてくださいね。

カジノでプレイされるトランプゲーム②ブラックジャックとは?

ブラックジャックはフランスから流行したゲームと言われています。

ディーラーとプレイヤーの勝負で、カードの合計値が21に近い方が勝ち。合計が21ぴったりのときを「ブラックジャック」と呼びます。

ルールや用語は多いものの、より戦略的に戦うことが面白味を増すゲーム。戦略好きな人にとっては、たまらない魅力を持っています。

ブラックジャックのルール

ディーラーとプレイヤーに2枚のカードが配布されます。J、Q、Kは10とカウント、2~10はそのままの数字、Aは1or11で、都合のいい方でカウントします。

カードの合計が21に近いほうが勝ち。プレイヤーはディーラーのカードの1枚のみを見ることができ、最初に配られた2枚で勝負したいなら「スタンド」。もう1枚カードをめくりたい場合は「ヒット」となります。

21を超えてしまった場合は「バースト」となり、その場で負けが確定します。

ブラックジャックの配当

ブラックジャックの配当
・ディーラーに勝利した場合:2倍
・手札の合計が21の場合(ブラックジャック):2.5倍
・引き分け(プッシュ)の場合:賭けたチップがそのまま戻ってくる

カジノでプレイされるトランプゲーム③ポーカーとは?

ポーカーと一言で言っても、実はドローポーカー、スタッドポーカー、フロップポーカーと大きく分けて3種類。さらに細かく分けて10種類以上のポーカーゲームがあります。

その中でも、世界大会のルールにも採用されている「テキサスホールデムポーカー」は、世界中のポーカー愛好家から支持される人気ゲームです。

ポーカーのルール

テキサスホールデムポーカーは、2~10人で遊ぶゲームです。

ディーラーとプレイヤーそれぞれに、時計回りにカードが2枚ずつ配布されます。

配布されたカードで役を作り、結果的にその役の強さで勝負が決まります。

第1ラウンド

プレイヤーは自分のカードを確認し、勝負を続けるか、降りる(フォールド)かを決定します。

続ける場合は、コール(自分より前のプレイヤーが賭けた額と同じだけベットする)かレイズ(前のプレイヤーよりさらに上乗せベット)を選びます。

第2ラウンド

テーブル中央に、共通カードとして3枚がオープンになります。

プレイヤーは、コールかレイズを選びます。チップがないプレイヤーのみ、「チェック」でベットをパスすることができます。

共通カードを1枚ずつ追加しながら、この流れを合計4回繰り返し、その間に自分の役を作っていきます。自分のカードの交換がないため、最初の2枚をいかに強く見せるかという心理戦が鍵となります。

ポーカーの配当

4回繰り返した後、プレイヤーが手札を公開し、一番強い役を持った人の勝利となります。

テキサスホールデムポーカーには配当の倍率はなく、1番勝ったプレイヤーが総取りするゲーム。

駆け引きによっては次々上乗せ(レイズ)されていき、とんでもない金額をゲットすることもできるんです!

その他カジノでプレイできるマイナーなトランプゲーム

どこのカジノでも遊べるバカラ、ブラックジャック、テキサスホールデムポーカーの他、カジノによってはマイナーなゲームを扱っているところもあります。

マイナーと言っても、楽しみ方は千差万別。「これは面白い!」とハマるゲームに出会えると、カジノもより楽しめますよね。

①レッドドッグ

アメリカのカジノで多く遊ばれています。ルールはとっても簡単。カードが順に3枚配布され、最初の2枚のカードの間に、3枚目のカードが当てはまれば勝ち。数字は2から始まり、Aが最後となる点のみ注意です。

プレイヤーが選ぶのは、カードが配布された時点で、継続か・倍賭けするかのみ。

最初に配布されたカードの数字の開きで配当が変わります。

②カジノウォー

歴史あるトランプゲームの中で、1990年代に新しく生まれたアメリカのゲームです。

プレイヤーとディーラー1対1の勝負で、1枚ずつカードが配られ、その大きさで勝敗が決まるという単純なルール。

運で勝負が決まるため、初心者にもわかりやすく参加しやすいのが特徴です。

③ドラゴンタイガー

バカラと近いゲームで、ドラゴンとタイガーによる仮想の勝負の結果を当てるゲームです。カードの数字の強さで勝敗が決まります。

バカラのカードは2~3枚ですが、ドラゴンタイガーは1枚で勝負。バカラの簡易版的な遊び方となっています。

賭け方は、ドラゴンとタイガーだけなく、さらに偶数・奇数、ビッグ・スモールなど、賭け方にもパターンがあります。この賭け方によって配当が上がっていきます。

④スリーピクチャーズ

こちらもバカラに似たルールで、プレイヤーとディーラーの勝負を予想するゲームです。

3枚のカードがそれぞれ配布され、合計の下1桁の数字が9に近い方の勝利。

ゲーム名の由来は、J、Q、Kの3枚のピクチャーカードが揃った場合、自動的に勝ちとなるためです。

⑤スーパーファンタン

12枚の札の合計の値を4で割り、そのあまりの数を予想するというちょっと複雑なゲームです。

中国発祥の「ファンタン」というゲームを、トランプゲームにしたもの。賭け方も6種類あり、あまりを当てたり、偶数・奇数やビッグ・スモール、引き分けなどを選べます。

⑥サボンカード

こちらもバカラと近いゲームで、仮想の勝負の結果を当てるだけ。

「メロン/MELON」と「ワラ/WALA」のそれぞれに配られた1枚のカードで勝敗が決まります。

数字の大きさの比較だけでなく、マークを賭けたりと、その組み合わせによって配当が変わります。

⑦トラント・エ・カラント

バカラと同じく「ブラックハンド」と「レッドハンド」のどちらが勝つかを予想するゲーム。

専用ボックスからカードを引き、カード合計31~40になるまで続けます。1回目をブラックハンド、2回目をレッドハンドと呼びます。

上記2つのハンドの合計を比較し、合計が低い方が勝ちとなります。

まとめ

カードゲームの王道、バカラ・ブラックジャック・ポーカーから始まって、マイナーながら世界で楽しまれているカードゲームまでご紹介いたしました。

マイナーといえど、初心者にも楽しめる簡単ルールだったり、賭け方によっては思いがけずハマることも⁉

ポーカーゲームは世界大会が開かれるほど、戦力的で奥が深いゲームです。世界のカジノではトーナメントも開かれているので、ぜひ参加してみてくださいね。