未分類

カジノとは?言葉の意味やカジノの種類などを全て解説!!【ゲームの種類は?】

カジノという言葉を知らないという方はあまりいませんが、その意味とカジノと言っても様々な種類があるということを知らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回はそもそもカジノとはなんのことを意味する言葉なのかを含め、遊べるゲームの種類まで全て解説していきますので、カジノに興味のあるあなたは必見です!

カジノとは?CASINO(カジノ)の意味

カジノはヨーロッパが起源と言われており、フランス革命の頃から続く由緒ある施設で、ルーレットやブラックジャックなどの各種ゲームを通じて、金銭を賭ける場所と定義をされています。

元々は貴族向け、庶民向けに分けられて作られたと言う背景があり、ヨーロッパのカジノが今でも会員制を採用しているのは、古くからの伝統を重じているためです。

CASINOという名前は、イタリア語で家と言う意味の「casa」に縮小を意味する語尾「ino」を合わせたものとされています。

近年では観光資源の一つとして大きな注目を浴びており、各国で法的整備や家族連れ旅行客をターゲットにしたカジノの整備が進行中です。

日本でもカジノを巡ってIR法案の議論がされているため、日本初のカジノが誕生する日も近いでしょう。

カジノにはいろんな種類がある‼︎

一口にカジノと言っても様々な形があり、中には自分たちが足を運ばなくてもゲームをプレイできるカジノも存在しますので、どのようなゲームがあるか確認していきましょう。

①ランドカジノとは?

ランドカジノとは店舗を構えて、ゲームを行っているカジノのことで、リアルカジノという言葉も同じ意味です。

2020年現在、日本には存在しないカジノの形で法整備が進められている最中になっているため、現状最も近いランドカジノの店舗は韓国にあるもので、片道約2時間かかります。

また、ランドカジノの本場はマカオとも言われており、カジノ好きの憧れの地ともいえるでしょう。

カジノといえばトランプを握りしめて、直接チップのやり取りを…と言う方は是非とも訪れてほしいカジノの形です。

②IRカジノとは?

IRとは統合型リゾートの略称で「Integrated Resort」といい、ホテルや商業施設といったカジノ以外の施設が一つになっている複合型のカジノのことです。

カジノリゾートと聞いてイメージするものがIRカジノにあたるでしょう。
主に外国からの観光客を集める目的で設置されることが多く、カジノが観光資源として注目され始めてから数を増やしています。

2020年1月には日本でもカジノ管理委員会の設置が決まり、IRカジノの開設が急がれているもののギャンブル依存症の存在や、治安維持の問題から中々議論が済んでいないのが現状です。

③インターネットカジノとは?

通称「インカジ」とも呼ばれ、オンラインカジノと混同されがちですが、全くの別物となっています。

特に注意しなければならないのはインターネットカジノは違法である点です。
何らかの理由でライセンスを取れないカジノの総称とも言うことができます。

日本では店舗のような施設を構え、インターネットを通じたゲームと現実世界でお金のやり取りを直接行う形のものがみられました。

摘発されればゲームの運営元だけでなく、ゲームで遊んでいたプレイヤーも処罰の対象となります。

カジノのゲームをインターネット上で遊ぶ場合には、ライセンスを獲得しているかなどの信頼性にも注意しましょう。

④オンラインカジノとは?

2020年現在、日本で唯一カジノのゲームで遊べるのがオンラインカジノです。

インターネット上に用意された、ゲームを通じて金銭を賭けたギャンブルを楽しむことができます。

信頼できるオンラインカジノの特徴は、海外で運営しておりライセンス発行機関の認定ライセンスを取得しているかどうかです。

ライセンス取得済みのカジノはその有無をサイトに必ず載せているので、確認を忘れないようにしましょう。

クレジットカードなどで入出金を行うことができるので、自宅にいながら気軽にゲームを始めることができます。

なんでカジノは日本にはないの?

日本にカジノができない理由として大きいのは「ギャンブル依存症や治安の悪化への懸念」です。

元から存在するパチンコなどのように生活の近くにギャンブルが存在する日本では、先進国の10倍ギャンブル依存症が発生するとも言われています。

また、カジノができると反社会組織の介入が起きたり、犯罪を招くなどとして反対する声も多くあり、議論が続いている状態です。

2020年にはコロナウイルスの影響もあって事業者との協議が進まず、カジノを含んだリゾート施設に関する方針の発表が延期にもなっているので、今後の展開に注目しましょう。

カジノで人気のゲーム一覧

カジノと聞くと自分たちの生活とはかけ離れているように感じる方も多くいらっしゃいますが、実際に行われているゲームはさほど難しいものではなく、理解しやすいものも多くあります。

一体どのようなゲームがあるのかをご紹介いたしますので、カジノで遊ぼうと思っているあなたは必見です!

①ポーカー

ギャンブルと言えばポーカーが真っ先に思いつく方も多いでしょう。
トランプ一つがあれば遊べるので、日本でも親しまれているゲームでもあります。

カジノでのゲームとしても歴史が古く、世界大会もあるなど、人気のゲームです。

それぞれのルールによって遊び方が大きく変わるものの、配られた手札で決められた役を完成させ、強さを競うという点は共通しており、役とゲームの流れさえ覚えれば誰でも遊ぶことができます。

②バカラ

ポーカーと同じくトランプを使って行うのがバカラというゲームです。

用意された2人の架空のプレイヤーのうち、どちらが勝利するかに賭けるだけのとてもシンプルなルールで初心者にも人気があります。

細かいルールを突き詰めていけば、単純な勝利以上に勝利金を手に入れることも可能なので、上級者の方にもおすすめのゲームです。

また、他のプレイヤーとの駆け引きも発生しないので、ゲームにのめり込みたいという人にも打ってつけのゲームとなっています。

③ルーレット

カジノの花形ゲームの一つといえるゲームがルーレットです。
カジノで遊んだことのない方でも、どのようなゲームみたことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ゲームのルールもわかりやすく、ディーラーの投げる玉がどのポケットに入るかを予想するだけです。

ポケットに対する賭け方は様々あり、番号一点狙いの大量勝利金獲得を目指す人もいれば、黒か赤のどちらに入るかを賭けて少ない利益を確実に得ながらのんびりとゲームを楽しむ人もいます。

色で賭けた場合には単純に勝率50%になり、特別な知識のない方でも十分にカジノでの遊びを楽しむことができるため、初心者にこそおすすめしたいゲームといえるでしょう。

旅行の際に少しだけカジノに寄ってみようと考えている方もルーレットをプレイするのがいいかもしれません。

④スロット

日本人にとって一番馴染みのあるカジノでのゲームはスロットでしょう。
見た目、遊び方に関してはパチスロとほぼ一緒です。

違いとしてはマシンに直接現地のお金を入れるというシステムが多いのと、日本のパチスロでテクニックとされている目押しなどの技術が不要である点でしょうか。

カジノに設置されているスロットマシンにはマシン毎のルールの範囲内でのテクニックはあるものの、手先の器用さなどは全く必要のない完全に運任せのゲームが展開されています。

それでいてプレイヤーに対する還元率はパチンコを遥かに凌ぐ90%となっていますので、パチスロで負けてもう嫌だと思っている人もチャレンジしてみる価値があるゲームです。

⑤シックボー(大小)

シックボーは中国生まれのゲームで、3つのサイコロの出目を予想するだけの簡単なゲームです。

「丁半」という日本でも遊ばれていたゲームに似ていることから理解もしやすいかもしれません。

高校の数学などで出てきた確率の計算などを行えば、負けにくい賭け方も可能と言われていますが、初心者には難しいため、初めのうちは用意された数字の中から好きなもの・組み合わせに賭けるというところから始めると良いでしょう。

何度か遊んでいるうちに確率についての理解も深まっていきますよ。

カジノで生活できる?

カジノの勝利金だけで生活をしている人も実際に存在ているため、カジノで生活をすることは不可能ではありません。

カジノの還元率はいずれも90%を超えているものが多く、理論上元手をほとんど減らすことなくゲームを行うことができることになります。

10,000円使っても9,000円は必ず返ってくると思うと安心ですし、少しでも当たれば利益を出すことも可能です。

しかし、還元率などはあくまで理論上の数値であり、全員が同じように稼げるわけではありません。

カジノもギャンブルというジャンルにある以上は安定した稼ぎを続けるのはほぼ不可能と言ってもいいでしょう。

安定した職業を別にもち、副業として取り組むのが最適だといえます。

カジノで稼いだ時に発生する税金について

お金のやり取りをする以上、避けて通れないのが税金の話です。
ランドカジノ、オンラインカジノそれぞれの税金に対する扱いについて説明します。

①ランドカジノ

ランドカジノで勝利金を手にした場合は、まず海外での収入になると思います。
多くのランドカジノが運営されている国ではカジノでのギャンブル収入に対して税金を課してないため気にする必要はありません。

しかし、日本の法律では勝利金が日本円にして50万円を超える場合には「一時所得」として確定申告をしないと脱税となってしまいます。

申告にはカジノで発行される証明書が必要になるので必ずディーラーから受け取り、保管しておきましょう。

②オンラインカジノ

オンラインカジノの場合も勝利金は「一時所得」として処理がされることになります。

一年間の総額が50万円を超える場合に申請が必要な点は忘れないようにしてください。

ただし、勝利金が50万円を超えている場合でも経費となる支出(オンラインカジノで遊ぶために使ったお金)を引くことで50万円を下回れば非課税となりますので覚えておきましょう。

経費とできるのは勝利金を得たゲームに対して賭けた金額となりますので、細かく計算しておきたい人は都度控えておくと安心です。

まとめ

カジノはお金をかけてゲームを行い、ゲームの結果によって勝利金を得ることのできる場所を定義する言葉です。

最近では観光資源としても注目をされているため、これから世界的なカジノの発展にも目が離せません。

日本では順調とは言えないものの、カジノを開設する方向で議論がなされていますので、近い将来日本でもランドカジノで遊べる日が来ることでしょう。