未分類

マカオ|グランドリスボアホテルのカジノの特徴を徹底調査!!【ゲームのレートやミニマムは?】

出典:google

マカオのランドマーク的存在『グランドリスボアホテル』は、マカオタワーに次ぐ高層タワー型カジノリゾートです。

蓮の花をモチーフにした黄金の高層ビルは、夜になるとネオンカラーで光り輝き、その存在感はまさにマカオの帝王!

『グランドリスボアホテル』内のカジノは、なんと東京ドームより1周り小さいくらいの広大さを誇る異次元空間だというのだから、カジノ好きなら一度は行ってみたいですよね。

マカオカジノ|グランドリスボアホテルの行き方・アクセス

マカオの中心地に存在する『グランドリスボアホテル』は、マカオ国際空港から車で13分。フェリーターミナルからはシャトルバスが無料で出ています。

マカオ歴史地区や聖ドミニコ教会、モンテの砦などのマカオ半島側の世界遺産も約500mという徒歩圏内で、市内中心部は1kmと街歩きにも最適。

またベネチアン・マカオ・カジノやシティ・オブ・ドリームカジノなど、人気カジノも近く、カジノ巡りの拠点としても最高のロケーションです。

マカオカジノ|グランドリスボアホテルのポイント(特徴)

マカオのカジノ王「スタンレー・ホー」のグループが経営している中華系五つ星ホテルです。ホテル自体がマカオのランドマークということもあり、1日の平均来場者数は約4万人!

オリエンタルの雰囲気漂うゴージャスなホテルは、どこをとってもフォトジェニック空間です。

東京ドームより一回り小さい規模という超巨大カジノでは、12種類以上のゲームで遊べてテーブル数は230台以上、800台を超すスロットマシンという、圧倒的異次元空間が広がっています!

①24時間365日カジノが楽しめる

4フロアに分かれるグランドリスボアのカジノエリアは、年中無休の24時間営業。

マカオな到着してオープンの時間を待つことなく、到着次第好きな時間に遊びに行くことができるのが魅力です。

②ホテルの両替レート

マカオの通貨は「パタカ(MOP)」ですが、マカオのカジノで使われるのは「香港ドル(HKD)」です。香港ドルは市内観光でも使えるので、香港ドルに両替しましょう。2020年5月29日のレートで、1香港ドル13.82円です。

空港での両替は手数料が大きいため、市内の銀行やATM、ホテルの両替の方がお得。平日日中は現地銀行の『大豊銀行/Banco Tai Fung』が一番おすすめです。

グランドリスボアカジノ内でも1Fに大豊銀行があるので、ホテルに行く前にあわてて換金しなくても大丈夫。カジノ内で換金可能です!

③使用できるクレジットカード

MASTARカードとVISAカードは使用可能です。JCBカードは使えないこともあるので、事前にJCBへ問い合わせをしておきましょう。

チップの購入時、MASTARとVISAは手数料が3%かかります。

また、購入の際にはパスポートの提示が必要です。カジノで遊ぶ際には、必ずパスポートを持参しましょう!

④年齢制限は21歳から入場可能

入場は20歳からではなく、21歳以上となっています。年齢確認のため、入場時にパスポートの提示を求められることもあります。チップを購入する際にも必要なので、パスポートは絶対に忘れないようにしましょう。

21歳以上しか入場できないため、子連れでの入場はできません。

⑤アメニティグッズが人気

中華系の富裕層に愛される豪華絢爛ホテルだけに、アメニティグッズも超リッチ!

石鹸や歯ブラシ、髭剃りなどのアメニティはHERMESというこだわり。傘やショッピングバッグも持ち帰りOKで、冷蔵庫のドリンクはチャージなしで飲み放題です。

『グランドリスボア』と『リスボア』の違いは?

マカオにリスボアホテルは実は2つあります。

『リスボア』は1970年に誕生した老舗ホテルで、古き良きマカオカジノを楽しむことができます。

『グランドリスボア』と『リスボア』の道路1本挟んだ向かいに建てられた新館です。大型カジノが併設されているため、比較的安価な『リスボア』に宿泊して『グランドリスボア』に遊びに行くパターンもあり!

マカオカジノ|グランドリスボアホテルのルール・マナー

5つ星超有名ホテルなので、過ごし方にもマナーが必要!

特にカジノに不慣れな日本人は、思いもしないマナー違反になってしまうこともあるので要注意です。

知らずに恥ずかしい思いをしないよう、ホテルカジノのマナーを覚えておきましょう。

①写真撮影NG

日本人が思わずやってしまうマナー違反、それは写真撮影!マカオを代表する超豪華カジノなら、ついつい写真を撮りたくなりますよね。

しかし、カジノは基本的に写真・ビデオ撮影は一切禁止です。スマホもカメラ機能がついているのでNG。テーブルでスマホを触るだけでも注意の対象です。

最悪の場合はカジノから退場させられることもあります。イカサマを疑われて厳重注意を食らわないよう、スマホの存在は忘れましょう。

②荷物をテーブルの上に置くのはNG

カジノのテーブルはゲームのための神聖な場所。うっかり鍵やスマホ、手荷物を置くことのないようにしましょう。

女性はバッグを持つことが多いため、無意識でテーブルに置いてしまうことも。サングラスを外してテーブルに置いてしまった、というミスもよくあります。

うっかり不注意でゲームの流れを止めてしまい、他のプレイヤーに不愉快な思いをさせないように注意しましょう。

③他の人のチップを触るのはNG

ゲームが進んでいくとチップが溜まっていき、他のプレイヤーのチップを邪魔に感じることも。

だからといって他のプレイヤーのチップに触るのは完全なマナー違反!

文化も言葉も違う相手。触っただけでも大きなトラブルに発展することもあります。他のプレイヤーのチップには手を触れないようにしましょう。

④ドレスコード(服装)

特に初めてカジノに行く人には服装=ドレスコードが心配ですよね。

グランドリスボアカジノはあまり制限がなく、比較的ラフな服装でも入場許可されています。

リゾートらしくTシャツとジーンズでも入場OKですが、ビーチサンダルなどのかかとがないサンダルや靴、ハーフパンツ、帽子は断られる可能性が高いです。

マカオカジノ|グランドリスボアのカジノゲームの種類とミニマムベット

24時間営業の眠らない巨大カジノ・グランドリスボアカジノでは、12種類以上のゲームで遊ぶことができます。

テーブル数は230台以上あり、最低賭け金額(ミニマムベッド)は200HKD~(日本円で約2800円~)です。

ルーレットのミニマムベッドはさらに低く、20~25HKDで遊べます。ルーレットも800台以上用意されているので、どれで遊ぼうか迷ってしまう規模!

マカオ|グランドリスボアホテルの客室(部屋)の様子

出典:expedia.co.jp

これぞ中華系豪華ホテルというゴージャス感を感じさせる内装。柔らかく寝心地のいいベッドで、ソファもしっかりとした革張り。

トイレやバスルームにもテレビが設置されており、こだわりのアメニティはエルメスと、隅々まで豪華仕様。部屋タイプも様々な種類があり、最高のマカオの夜が過ごせます。

特にレイクビューの眺めは最高で、古き良き趣を残す旧館や噴水、ネオンが輝く最高の夜景が楽しめます。

マカオ|グランドリスボアはカジノだけじゃない!!

ホテルそのものがマカオのランドマークとも言われるだけに、1日平均約4万人の来場者が訪れるグランドリスボア。

カジノ以外にも多くのアミューズメントで、観光客を集めています。

①261mの巨大な建物リスボアタワー

出典:expedia.co.jp

マカオの中心地にそびえ立つホテルリスボア・ウェストタワー。

261メートルの高層タワーは現地ツアーの集合場所にもされるほどの目印です。53階建てでタワー部分がホテルになっています。

蓮の花をイメージしたデザインは、マカオらしい独特な雰囲気。昼間は鏡のように光を反射し、夜はカラフルなネオンの蓮の花が闇に浮かび上がります。次々と色を変える幻想的な光景は、まさに現実離れしたマカオの夜そのもの!

②高級レストランが点在

出典:expedia.co.jp

美食の国としても知られるマカオ。ホテル周辺では、マカオ料理以外にもポルトガル料理、広東料理等様々なグルメが楽しめます。

最上階にあるRobuchon au Domeはミシュランで3つ星を持つ人気フレンチ。

またカジノを抜けた先にある「粥麺荘」では、24時間営業で本格的な広東料理が味わえることでも人気。刀削麺や一根麺は一度は食べてみるべきと言われています。

③プールやフィットネスジムもある

出典:expedia.co.jp

屋外プールやフィットネスも人気です。プールバーはありませんが、蓮のモニュメントの下のプールはその広大さが日本人観光客からも支持が高いようです。

フィットネスやスパも完備されており、ホスピタリティの良さに定評があります。

まとめ

マカオの帝王を象徴する豪華ホテル『グランドリスボアホテル』と、カジノの特徴をご紹介いたしました。

ドレスコードは比較的ラフなので、カメラや手荷物などのマナーを忘れずに楽しんでくださいね。

巨大カジノだけでなく、観光スポットも近く、人気レストランも付近に多いため、マカオのハイライトを堪能するにはぴったりのホテルです。